返済とは 意味や類語 返金 弁済の違い お金をやりくりする手法

セレブな暮らしをする富裕層の人達でも、税金対策の為に借入れをしていることがあります。つまり、毎月返済の金額を支払いながらも、トータルでは支出のお金が少なく維持できているという状況です。

ファイナンシャルプランナーに依頼すると、倹約をした方が節税になるのか、もしくは大金を使って経費とした方が良いのか、または買わずにレンタルした方が無駄な出費を抑えることができるなど、お得な知識が有効である事がわかります。

特にお金を借りる事に関しては、返済をする度に利息を支払う必要があり、無駄遣いになっていないか深く考える必要があります。今日は、似た意味合いの言葉や返済のルールについて探していき、より節約できる方法を探します。

返済とは?

返済とは、現金を借り入れた場合には現金を返す意味であり、または現金に相当する物を相手に返すことも同様となります。

返済とは、債務者(借りる人)が債権者(貸す側)から金銭などを受け取った債権を、無くすために返すこと

一般的には、消費者金融やカードローン銀行などから現金を借り入れ、契約した内容に従い現金を返していくやり方が該当します。

弁済とは違うのか?

民法などで用いられる言葉に「弁済」があります。これは、価値のある物に該当するだけの現金などを用いて返すこと(弁償に似たような意味合い)として使われることが多くあります。条件を変えるための更新や、物事を解除してもらう免除のための方法として返済と同じ意味合いとなります。

法律などで使われる「弁済」は、広い意味では返済と同じ使い方となる

何らかのマイナスな部分を相殺するために必要となる物を相手に渡す事によって問題が解決する時には、現金以外の物でも「弁済(または返済)する」と言います。

約定返済とは

銀行やカードローンなどのフリーローンを契約する際には「約定返済」というルールが基本となっている事があります。

約定返済とは、事前に決められた約定返済日に前月末の借入残高に応じた約定返済額が銀行口座から引き落とされる

お金を借りる時点で毎月の返済金額と完済完了の期日を設定するのではなく、常に約定返済額に応じた金額を引き落としていくルールとなります。そのため、途中で追加の借入があっても同じルールで約定返済の金額が返済します。

約定返済日に引き落とされる金額
前月末の借入残高 約定返済額
30万円以下 1万円
30万円超、50万円以下 1万5,000円
50万円超、80万円以下 2万円
80万円超、120万円以下 2万円5,000円

約定返済額が減額される借入額になると、返済金額が減少して楽になります。しかし、返済金額が減少するということは、全てを払い終えるまでの時期が長引いてしまう事を考慮しておくべきです。

金利に変動があった場合

約定返済のルールで借入をしている場合、金利に何らかの変化があった場合でも、毎月の返済金額は固定で決まっています。ただし、返済金額の内訳として金利の変動がある分だけ、元金の返済額が変化します。

毎月の返済総額は変わらず。しかし、金利が減れば元金の返済額が増加する

このような内容になる為、全く同じ約定返済額が設定されているローンでも、利息の違いによって完済までの期間が変化します。

増額返済で早めに完済に近づく

お金を借り入れている状態を早めに終わらせたいのであれば、増額返済を利用します。生活に余裕があるなら、完済までの期間を短くするための方法として有効活用していくべきです。

増額返済とは、ローン契約時の月額返済金額よりも多くの金額を返済すること

または、毎月固定となっている返済金額に加えて年に二回(ボーナス時)のみ返済金額を増額するルールとなります。一般的にはボーナス返済と言われます。同様な意味合いの言葉で繰上返済があります。

繰上返済でその都度金額を増やす

増額返済と似たような内容となりますが、繰上返済とは決められた約定返済を支払いをしながら(約定返済額とは別に)返済金額を増額していく方法です。

臨時収入などがあった場合には、繰上返済でローン残高を減少させる

繰上返済のために用意した現金が、全ての借入金額+利息の額に充当できる場合には、「一括返済」となります。一括返済以降にはローン残高は残っていないことになる為、借入れが完済したことになります。

まとめ:返済するためライフプラン

お金がない厳しい状況になったときには、銀行やその他、ローン会社から現金を借り入れる決断をすることがあります。この時、審査に通過できる条件や、契約内容をチェックする時に返済のルールを確認しておくべきです。

約定返済が基本となり、残高に応じた返済額が決定される時には、毎月捻出すべき返済額を少なく抑えることができるため助かるはずです。

しかし、長期的に借入が継続すると利息を払い続ける期間が延びるので、節約を念頭において生活費をキープし、経済面を安定させつつ繰上返済を活用していくべきです。

Posted by mon