質屋 預けられるもの|質入れできる 担保になるものとは?

大黒屋トップページ

 お金がない時には質屋に助けてもらうことができます。昭和の時代には、銀行以外にお金を貸してくれる業者が少なかったため・・

POINT

急ぎでお金を調達するには質入れをする

 これが常識でした。今では町中の質屋はかなり減ってきましたが、ネットで大手の質屋を利用できるので、全国どこにいても質入れができます。

  • 質屋で預けられるもの・預けられないもの
  • 質屋の特徴・担保になるもの
  • 質預けの延長・質流れとは

 これらの疑問について分かりやすく見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

預けられるもの:質入れできるものとは

 質屋には、あらゆる商品を取扱っており、基本としてお店で売っていて「価値があるもの」であるなら、質入れできます(お金を借りる担保になります)。

質屋で預けられるもの:質入れ可能な商品
質入れする商品高額査定のコツ
宝石・金・アクセサリーグレーティングレポート・鑑別書を持参する
万年筆人気ブランドである・未使用は高額に
腕時計ブランド・キズの有無・保証書を持参する
音響機器PA機器は出張サービスを依頼して自宅査定
ギター・金管楽器ネットで専門の質屋を探して査定額アップ
パソコン・タブレットMacBookは査定額が安定・古いPCは価値なし
ゲーム機Playstation4は安定・ソフトは専門店へ
カメラ・交換レンズダメージの有無・細部のクリーニングを
ファション・毛皮人気ブランド・流行が価格に反映する
陶磁器・食器未使用のみ・セットを揃え・箱付きで

 カメラ・交換レンズを持ち込むときには、質屋に専門のスタッフがいる時間帯であるのか事前に問い合わせてから行くようにします。

 また、サイズが大きくなる楽器:ドラムセット・オルガンなども、査定・保管スペースの問題があるので、事前に連絡をすべきです。

「質入れ:預ける」と「買取」では査定額が違う

 質屋では、預けること(質入れ)、買取の2つの選択ができます。買取を依頼した場合には後になってお金を出して商品(担保)を取り戻す事はできません。つまり、後で商品を手にする権利を放棄します。

 しかし、買取で商品を査定してもらうと・・

2割ほど査定金額がアップします

 ただし、買い取り依頼をするのであれば、質屋ではない一般的なリサイクル系の専門店に持ち込んだ方が、より高額な取り価格を提示してくれるかもしれません。

  • 宝石は専門の鑑定士のいるお店へ
  • 毛皮は毛皮専門買取店へ

 そして、・金(きん:ゴールド)は、その日の国内市場相場によって査定額が変動します。

質屋は価値ある物をお金に換える

 宝石や家電製品などを売ってお金をゲットできる「下取りショップ」と「質屋」が違うのは・・

POINT

質屋は担保を預けて一定期間だけお金を借りるところです

 担保とは、お金を期日まで持ってくることができなかった時に、質屋の「貸し倒れ」の損害を補填する商品です。わかりやすく表にするとこのようになります。

中古品下取りショップと質屋の違い
中古品下取り質屋の質入れ
現金を得る
担保が必要×
商品を取り戻す×

 例えば「ヴィトンのバッグ」や「エルメスのバーキン」、「腕時計のロレックス」、「ダイヤモンドのイヤリング」を質屋に持ち込み、査定した「商品の価値」と同じ金額の現金を手にする事ができます。

 このように、一時的に手持ちの商品を担保にしてお金に換えてくれるのが質屋となります。

質屋は誰でも利用できる:金融会社との違い

 お金を借りるとなれば、キャッシングを利用する方法があります。銀行、信用金庫、ろうきん、カードローン、消費者金融、クレジットカードなど、お金を借りる金融会社はいくつもあります。ですが、質屋とは大きな違いがあります。

質屋と他の借入先との「査定基準」の違い
年収不動産他社借入
質屋なしなしなし
銀行
消費者金融

 質屋とは、商品を担保にお金を貸してくれるところです。つまり、約束した返済ができない時には、「担保」としている商品が「質屋」の所有へと切り替わります。もっとも大きな違いはここです。

POINT

  • 年収低い → 担保を確保しているので気にしない
  • 不動産なし → 担保を確保しているので気にしない
  • すでに借金あり → 担保を確保しているので気にしない

 とても分かりやすいシステムです。預けられるものを所持していれば、誰でもお金をゲットできます。

お金の返済は必ずしも必要ではない

 商品を担保にしてゲットしたお金は、絶対に返す必要はありません。それは同時に 収入が少ない方でも大金を手にできる可能性があります。

POINT

一定額の給与、財産、現在の借入金

 お金を借入する(キャッシング)のときに必要となる「担保になりそうなもの:年収」は必要ありません。そのため・・

  • 金融ブラックで借りるあてがない
  • すでに債務整理に入っている(自己破産の準備)

 このような方であっても利用できます。そのため、質屋を利用する時にもっていくものは、質入れを依頼する商品と「身分証」だけでよいのです。

質屋はどのような時に利用する?

 一時的な現金が必要なときに、定期預金を解約してお金を確保しようとすると かなり損をします。

 また 友人や家族からお金を借りるとなれば、必要以上に気を使わせてしまうために、できれば避けたいところです。そのような短期間だけ現金が必要なときには質屋の利用が適しています。

POINT

  • 給料日まで残り数日、生活費が足りない
  • 急に友人・親戚の結婚式の予定が入ったがお金がない
  • 会社の資金繰りが滞ってしまいピンチに
  • 家族が亡くなり・葬儀・遺留品廃棄のお金が必要

 このような「数日から数週間」だけでも手元に現金がほしいときや、冠婚葬祭のお金を確保するために利用します。

現金を受け取るまで(手続きに必要になるもの)

 質入れを依頼してから現金を手にするまではこのような流れになります。

POINT

  1. 専門のスタッフが目の前で商品を査定する
  2. 査定価格を考慮して質入れを決める
  3. 身分証明書を提示して本人確認をする
  4. 「質札」を渡して質入れの手続きを完了

 身分証明書は、免許証、またはパスポートなどが利用できます。そして、「質札」とは、質入れを行ったという証明書です。「質札」には・・

  • 質入れ商品を査定した詳細
  • 返済する期限

 などが記載されています。この「質札」は、質入れ期間が終了して商品を引き取りに行く(質屋へ再び足を運ぶ)際に必要になります。

 質入れする商品の数にもよりますが、査定を開始してから、「質札」を受け取って手続きを終えるまでの所要時間は、20分ほどです。

保管期限は原則3ヶ月:質預けの延長とは

 質屋では、持ち込んだ商品を質屋に預けていればいつまでもお金を借り続けることができるわけではありません。基本のルールとして・・

POINT

質屋の返済可能期間(お金を借りる期間)は最長で3ヶ月

 となっています。4ヶ月目も継続して借り続けたいのであれば、「利上げ:利息を支払う」を1ヶ月分行います。

質屋の利上げ(利息を随時支払う)ルール
利用期間利上げ残りの質利息
3ヶ月なし3ヶ月分
4ヶ月1ヶ月分3ヶ月分
8ヶ月5ヶ月分3ヶ月分

 このようになります。つまり、「3ヶ月でお金と商品を交換する約束」を月単位で延長できます。原則的に「随時利息を払い続ける」なら、何年でも契約を延長し続けることが可能です。

 もし、この3ヶ月以内に「利上げ」をして保管期限延長、または「返済」を済ませることができなかった場合には、預けた商品が「質流れ」となります。

「質流れ」とは

道路と自転車

 約束した(最長3ヶ月)の保管期限中に延長・または返済の意思表示をしないでいると「質流れ」となります。質流れとは・・

商品の所有権は質屋に移り、取り戻す交渉ができなくなる

 つまり、大事な商品が質屋の所有物に変わってしまいます。この所有権が移動する際には、本人に連絡はしません。また、同時に商品を預けて借りたお金を返済する義務が無くなります。つまり・・

POINT

質流れとは、商品と借りたお金を永久に交換すること

 となります。カードローンのキャッシングと違うのは、督促状が届いたり、財産差押えなどの「返済に追われること」はありません。

 借りたお金に見合うだけの商品を置いてきているので「取引は完了」しており、後で電話がかかってくることも一切ありません。

質屋に展示してる商品の価格が高い理由

森林とオブジェ

 質屋に並んでいる商品は、キズが全くついていない新品のような商品が豊富にあります。ただ、価格は「貴金属、ブランド下取り専門店」よりは高いことが多くあります。その理由は・・

商品が売れなくても問題ないから

 となります。質屋に並んでいる商品は「担保」であり、預けたお客さんがお金を返済する期日に「質利息」が入ってきます。つまり・・

POINT

  • 商品が売れずに残ると「質利息」で儲かる
  • 商品が売れると利益を確保できる

 このように、どちらも儲かるシステムになっています。そのため、商品をガンガン売らないと利益が出ないわけではないのです。

掘り出し物をゲットできる可能性がある

 質屋からお金を借りる側ではなく、一般の来店客からの目線で見てみると「質屋は魅力的なお店」である事がわかります。それは、商品を持ち込むお客さんは・・

POINT

手放すのが惜しい「売却したくない商品」を持ち込む

 からです。つまり、ブランド下取り専門店で売却すると「損をする」と判断した商品を、後で取り戻す予定で持ち込みます。そのため、誰も売却してくれない「本当の掘り出し物」に遭遇できる可能性があります。

買取を依頼することもできる

微笑む女の子

 質屋では、商品を担保として預けて「一時的にお金を手にする」という考え方ではなく・・

商品を買い取ってもらう「買取り依頼」も可能

 となっています。つまり、リサイクル専門店と同じように中古品を下取りしてもらい、お金を手にする事ができます。この買取を選ぶメリットは、買い取り価格にあります。

「質入れ」と「買取」では査定額が変わってくる

 質入れではなく、買取りを依頼するメリットは、買取査定額の方が高くなる傾向があるからです。金額の違いはこれくらいです。

質入れ、買取りを依頼した時の違い
質入れ時の査定額買取り時の査定額
ブランド バッグ120,000円155,000円
高級腕時計180,000円240,000円
ノートパソコン140,000円180,000円

 およそ2割ほど「買取」での査定額が高くなるはずです。

 質屋では、査定が終了した後に「質入れの査定額」と、「買取りの査定額」の両方を提示してもらえるはずです。その金額を確認してから好きな方法を依頼できます。

質利息はとても高い

 「買取り」ではなく、質入れで商品を預けた場合ですが、商品の価値の分まで希望の現金を手にする事ができます。しかし、質入れして借りたお金は・・

返済期限になるまでの「質利息」がかかります

 これはキャッシングをしたときの利息と全く同じ計算方法となりますが、注意したいのは・・

POINT

質利息は非常に高額であることです

 業界最大手となる大黒屋の場合には、質利息は月利0.95~8%としています。「月利」という言葉は、カードローンや消費者金融では なかなか聞き慣れない言葉であるため、12ヶ月が基準となる年利で比較します。

質利息と消費者金融の利息の比較(年利)
借入金額質屋の利息消費者金融の利息
100万円96万円18万円

 カードローンや消費者金融は、利息制限法という法律で「100万円の融資なら利息の上限は18%」と決められています。そのため、どこで借りても「100万円の借り入れ」の年間の利息の上限は18万円となります。

 質屋の月利(月利0.95~8%)は、年利に直すと11.4%~96%となります。カードローンと同じように(ほぼ上限の利息が適用される)ことを考慮するなら・・

POINT

100万円の借り入れの年利は96万円となります

 この利息は圧倒的に高いので、消費者金融やカードローンなどから借入ができるなら、質利息が高すぎる質屋を先に訪れるのは間違っています。

借入までが非常にスピーディーである

砂浜の大波

 テレビのCMでは、キャッシングの審査にかかる時間を「最短1時間で融資可能」とアピールしていることがあります。この審査から融資完了までが1時間というのは「消費者金融の中では最速」ですが・・

質屋では更にスピーディーにお金を手にできます

 例えば 人気のブランドバッグ1個を依頼するだけなら、15分後にはお金を手にできるはずです。

 その他にも、キャッシングと違うのは・・

担保を渡すので必ずお金をゲットできる

 この安心感があります。キャッシングの場合は・・

POINT

  • 年収が足りない
  • 過去の信用情報に問題あり
  • 他社借り入れが多すぎる

 このような審査の条件にひっかかると「融資不可」という結果になってしまうことがあります。その点から考えても、「最も早く」「確実に」お金を手にする手段として、質屋を選択肢に入れることは有効です。

まとめ:預けられるもの 質入れできる 預け入れ |2019年版

 大手の質屋はネット経由で商品を査定するサービスをしており、地域は限られますが依頼する商品の量(または査定の予想金額)が かなり高いのなら出張査定に来てくれます。

 消費者金融と同じように「初めての利用」に限り、1月分の質利息を0円とするサービスを提供している質屋もあります。

 以上、質屋 預けられるもの|質入れできる 担保になるものとは?...についてでした。