家賃を安く抑える方法・時期・借りるコツとは?賃貸料が安くなる

家賃の支払いをすると、月末までに必要となる現金を準備出来ない場合があります。お金がない状態で生活をするようになると、水道光熱費や食費、その他の交通費などちょっとした出費が増加することによって生活を圧迫するようになります。

特に家賃については、毎月固定で決まった金額ではあるのですが、この金額を確保して残ったら資金でうまくやりくりしていく必要があるため、賃借した費用の金額を最初の段階から抑えることができれば生活が非常に楽になります。

一人暮らしをする場合には、賃貸する部屋のスペースをかなり狭くすることが可能です。就寝するスペースとリラックス出来るリビング、そのあたりのスペースが同じ領域にすることによってワンルームの部屋を賃貸する考え方があります。

借りる部屋の広さと収入金額で悩むこと

急にゲストが来ると就寝するスペースがなくなってしまいますが、そのあたりは知り合いに最初から行っておけば全く問題無い範囲です。収入が少なくて困窮した生活をしているのであれば、借り受ける部屋も小さな部屋を選ぶ必要があります。

この家賃の費用に大きくお金を使ってしまうと、残ったら生活資金が異常に少なくなり常にストレスを感じながらの生活になってしまいます。そんな事から、お金を使わない生活をする場合、まず最初に家賃の費用を抑える考え方から始めるのです。

必要な広さの部屋を考慮するように

部屋を借りる時には、駅から近いマンションなどの場合非常に高額になる可能性があります。もう一つは、築年数が古くても大きな通りに面している賃貸アパートなどは、高額な家賃の費用になっている可能性があり、そのあたりの立地条件を考慮していく必要があります。

本当に用立てることが困難なときは、人に見せられないような小さな部屋でも家賃が非常に少ないのであれば、選択することも必要です。お金がないと不安な生活になってしまうため、生活費を残す為に家賃は大幅にカットする必要があります。

格安アパートなどの情報については、コンビニで地域のアパートの賃貸情報が多く掲載されている情報誌を毎週のように購入することにより、現在住んでいるアパートよりも大幅に家賃を減らすことができるかもしれないのです。

家賃以外にも目を向けること

そのあたりの情報は、ネットの不動産関連のホームページを閲覧する事でも確認できます。多くの情報を集めて格安の費用となるアパートなどを見つける事が重要です。節約生活を始める前に、どの物件を賃貸するかについて深く考えることが大事です。

一度借りる契約をするすると何年も僅かな家賃の金額の差額をずっと支払い続ける事になるため、数千円の違いを良く考慮してベストな賃貸アパートを選択する必要があります。

特定の物件を提供し、そのサービスの料金として受け取る金額が家賃と言われていますが、経済用語(所得支出勘定)で言う家賃とは土地の特許権と著作権などの使用料も含まれています。

会社に費用を出してもらう契約に

法人においては福利厚生の一環として、社宅が提供されることがあります。その場合家賃をを法人に支払う事になりますが、その時の賃料は相当に安い物となります。その為、良い環境の社宅を構築し家賃安く済ませるのは節税対策にも有効となります。

毎日生活するためのお金を出来るだけ多く捻出していくためには、財形貯蓄年金の増額、投資信託などを考慮していく必要があります。

コスパ(コストパフォーマンス)を考えた住居探しを

そのお金を捻出するためにも、費用を出来るだけ節約していく対策が求められます。現状で借り受けしている住居の物件にかかる費用を下げることは難しいので、新たな住居に引越しする対策が必要になります。

一つの住居にずっと住み続けることは、建物が劣化していくことを想定していくと、家賃の費用が段々と高くなってしまう可能性があります。特に新築で入居した場合には、新築の部屋の家賃をずっと払い続ける事になります。

まとめ:家賃のお金を確保する

アパートの他の部屋が空いた場合に、新しく入居する人の家賃は築年数に相応する金額に設定される可能性がありますが、すでに入居している部屋の家賃の費用が下がる可能性は少ないと考えられます。

そのあたりも考慮すると、物件にかかる費用を安くするために引越しをするという考え方があります。部屋を移った場合、新たに敷金や礼金などの金額を準備する必要があるため、かなりのコストを必要とします。

現在済んでいる住居から離れた町に移動する場合、引越し費用もそれなりにかかってしまいます。そのあたりを考慮すると、高くなってしまった家賃の費用をずっと払い続けるという選択になってしまいます。

アクションを起こさなければ、高い家賃をずっと払い続けてしまう問題が継続されてしまうので、ある程度の時期に家賃を下げるための対策を決断していく必要があります。

Posted by mon