給与とは? 給料・賃金・報酬との違い 賞与・基本給・手取り

企業に勤務しているなら毎月のように給与を頂いているはずです。この給与について詳しく知ることは、今後のお金のやりくりを安定させるためにも有効な対策となります。

経理職の仕事をした経験のある方は「給与とは何を指しているのか」明確な答えが分かっており、給与と給料、または賃金などの使い分けができるはずです。

給与とは?

給与とは、企業に従事し労働を提供する対価として頂くお金の事です。頻繁に使用する言葉として給料がありますが、給与との違いは以下となります。

  • 報酬:労働を提供した見返りに頂くお金:労働契約に対する対価
  • 給料:正規労働時間に対する報酬(通勤手当や扶養手当、住居手当などを除く)
  • 給与:給料に様々な手当を含めた報酬
  • 賃金:労働の対象として支払われるもの(給料、手当を含む給与、ボーナスなども含む)

このようになります。「給料が指定口座に振り込まれた」という言い方をする事がありますが、実際は従業員の銀行口座に振り込む際には、諸手当が加算された状態で振り込むため、銀行に振り込まれているお金は給与となります。

毎月銀行口座に振り込まれるのは「給料」ではなく「給与」である

また、「先月は残業が多かったので給料を多くもらえる」という言い方も間違っており、手当が加算された賃金は給与となります。頻繁に話題になる内容であるため、給与の意味を正しく理解して使っていく必要があります。

雇用主から頂いたお金が、毎月の規定の報酬であるか、なんらかの手当、または賞与にあたるのか判別できないなら「賃金を頂いた」となるべきです。所得税法では給与の事は「給与所得」と言います。

給与ではなく賃金と言われるとき

多くの場合、賃金とは「雇われてお金を頂く」という意味合いが強く、労働基準法や雇用保険などの用途で使われる場合が多くなります。

賃金は雇われた従業員がお金を頂くという場合に使う

そのため、同様に会社から給与として頂いている給与のうち、専務や社長などの「役員報酬」については別の項目で扱います。

報酬は健康保険法、厚生年金保険法で使用される

報酬については厚生年金や健康保険などで多く使われる言葉であり、賃金、俸給、手当などの労働の対価であり、3ヶ月を超える期間ごとに受けるものを覗いたものとしています。

報酬は健康保険法で保険料を決める基準であり、ボーナスを除く労働の対価である

このようになります。あくまでも保険料を算定する基準としているので、一定期間ごとに支給されるボーナスについては別の考え方となります。

法律によって言葉の使い方が変わる

日常の会話においては、給与、賃金、報酬などを同じような目的で使うことがありますが、これらの違いは所得税法、健康保険法、労働基準法などで扱われている言葉の違いとなります。

それぞれの法律の目的により収入の範囲が違ってくる

税金や保険料などを計算する時には「何処までが範囲に入るのか?」という基準があり、それぞれ解釈が異なります。特に現物支給に関しては、給与であったり、報酬に含まれる可能性があるなど、それぞれの規定をチェックする必要があります。

ボーナスも給与なのか?

給与の規定では、給料に様々な手当を加えた物が給与であり、ボーナスは一般的には「特別手当となるため」給与に含まれます。

ボーナスも給与である

ボーナスについては、労働契約をする前の段階で支給金額や、毎月の基本給与に対する何倍の倍率で支給されるのか期待されている場合があります。この場合、ボーナス支給日になっても支払われないと違法となります。

ボーナスは労働契約で表記されている場合は必ず支払う必要がある

求人広告を見て就職依頼をする人は、「ボーナスの金額を年間の賃金と計算して働く」ことを想定しています。その金額が約束されている事で安心した暮らしができると判断したということです。

そのため、企業側は就職を決定して従業員を雇用している場合、事前に決めたボーナスを支給しなければいけません。また、不当に減額をするのも問題となります。

賞与とは別の意味合いがある

給与の中に含まれるボーナスですが、全くおなじみの言葉として賞与があります。一般的には外国の横文字で書かれる言い方がボーナスであり、日本語としては賞与が該当します。しかし、その内容は多少違っています。

  • ボーナス 事前に規定された給与である:社員のモチベーションアップの意味合い
  • 賞与 定期報酬を頂いている従業員を奨励する特別手当:特別な賞を与えている

どちらも特別な手当となる為給与の範囲内にある事は間違いありませんが、賞与の場合は「業績が思わしくないので年二回の賞与が一回だけになる」などの可能性があります。

賞与は毎年決められた金額が支給されない可能性がある

「賞」を与えるという意味になる為、上司から最も優れていると判断された部下には多くの賞金が与えられます。一般的な賞与額は規定されていても、金額差を儲けて賞賛し多くのお金を与える考え方があります。

現物支給が給与の一部に該当する

会社勤めをしていると、会社からの報酬は給与という形で受け取ります。毎月の給与が振り込まれるスタイルが基本であり、プロスポーツ選手などは1年の報酬の金額をベースに契約する事もあります(支給は月単位で分割払いが多い)。

現金で頂くのが給与ですが、現金以外でも給与として扱われる「現物支給」があります。

労働契約として「給与を現物支給する場合もある」との記載がある場合、現金以外で報酬が支払われる可能性があります。現物支給として選択できない範囲は以下となります。

  • 換金性に欠けるもの
  • 評価が困難である物
  • 受給者側が物品の選択が出来ない場合

「換金性に欠ける」とは、受け取った労働者側が生活に困ってお金に換えたいと思っても、換金する事が困難な物です。そして、「評価が困難である物」も物の価値が判別できないので、お金に換えたり他の物に交換することができません。

そして、特に重要なのが「物品の選択ができない(選択の余地がない)」場合です。受給者側は、給与の現金を受け取り毎月の家賃の支払いに必要なのに、「現物で給与を支給します」と渡されても困ってしまいます。

まとめ:給与とは

給与とは、雇用主に雇ってもらって労働の対価を得ていることです。通勤に必要な手当も出してくれたり、労災などの手続きもやってくれるはずです。この関係があれば給与であり、それ以外は「企業や団体などの賃金を払う雇い主がいない場合」は報酬となります。

そして、労働基準法で取り扱う労働の対価は賃金と言う言葉が使われます。このように、給与にあたる意味合いのある似たような言葉がいくつかありますが、状況によって使い方が変わってきます。

Posted by mon