病気はお金がかかる|医療費が払えない・足りないときにはどうする?

 お金に余裕がなくて困っている時期なのに、病気になってしまうことがあります。手術すると治療できる病気であっても・・

お金がないので病院へ行かない

 という決断をしてしまいがちです。国民健康保険の保険証を持っていて3割負担が可能であっても、手術費・入院費の3割はとても高額なので躊躇してしまいます。

 病気にお金がかかるときにできること・・

  • 医療費が払えない(払ってくれる人がいない)とき
  • 生活保護法の医療扶助について
  • 無料低額診療で診察できること

 これらの疑問について分かりやすく見ていきます。

まずは治療を開始することから

 現在、早急に治療が必要な病気が分かっているなら、まず治療を開始することが大事になります。

 手術をしてみないと どのような状況であるか分からない状況なら、とりあえず手術をして、病気の早期発見を優先することが大事になります。最も問題なのは・・

お金の工面ができるまで治療を待つこと

 となります。

 どのような病気であっても、早期発見・早期治療が大前提です。医療費を確保できてから数ヶ月後に病院を受診したときには、治療が困難な状況まで追い込まれている可能性があります。

早期発見・早期治療を心がける

 まずは、お金よりも「命を優先」します。手遅れになっては全てが無駄になります。

生活保護法の医療扶助とは

 どうしても医療費の工面が出来ない人には・・

POINT

生活保護法の医療扶助

 が適用されます。

 この医療扶助が適用される前提条件として、本人を扶養すべき親族がいるのであれば、親族が扶養すべきとなっています。つまり・・

POINT

扶養親族がいる場合には、扶養親族が金銭的なサポートをする

 ということになります。つまり、生活保護法の医療扶助は適用されません。そのため、基本は家族がサポートすることになっており、これがどうしても不可能な場合にのみ「]生活保護法の医療扶助」が適用されます。

医療扶助は現物支給となる

 健康保険では、病院で3割の医療費を負担するルールになっていますが、医療扶助が適用されると全額が支給されます。つまり・・

病院での支払い:医療費が無料

 となります。

 重要なのは現物支給であることです。医療費にかかったお金を現金で振り込まれる方法ではなく、病院で支払いをする時点で「無料化」となることです。当然ですが、医療費以外に使う事はできません。

収入により自己負担額が決められている

 医療扶助には、本人が支払うべき医療費の範囲が決まっています。それは、収入が最低生活費を超えている場合です。

POINT

最低生活費は、住居のある地域、世帯人数、年齢などから算出

 持ち家、障害者の人数など、多くの情報を基に算出します。

 こちらは厚生労働省の最低生活費算出方法となります。計算方法が複雑で分かりにくいため、正確な「最低生活費」を求めたいなら地域の福祉事務所へ行って相談してみる事です。

生活保護マニュアルを参考に調べる

 病院で支払う医療費が足りない状況であるなら、毎日の生活に使うお金も非常に少なく困窮しているはずです。このような生活を国が補助してくれるシステムが生活保護です。

 近年は、不正受給などの問題がメディアを騒がせたりしますが、本当に困っているなら遠慮無く相談してみるべきです。まず、概要を知るために「生活保護マニュアル」について調べてみます。

図書館や古本屋で書籍を買って勉強する

 本で知識をつけてから市役所に相談に行くことによって、現在の生活水準が・・

POINT

  • 低所得者のランクでどのあたりであるか
  • 生活保護の適用範囲にあるか

 などの情報を知ることができます。

生活保護の条件を満たしていないとき

 近年は生活保護を受ける条件が非常に厳しくなっていることから、役所で相談をしても・・

あなたの場合は条件に適合しない

 として、受給の申請が却下される可能性があります。そうなると、医療費が無料になる権利を獲得する事はできません。ただ、このような厳しい状況に追い込まれたときに試してみたい方法の1つが・・

POINT

無料低額診療の制度

 となります。

無料低額診療の対象者とは

 「無料低額診療」とは、低所得などの要因で病院での診療できない状況にある人が利用できる制度です。厚生労働省が定めている規定によると・・

無料低額診療制度
対象者 低所得者、要保護者、ホームレス、DV被害者、人身取引障害者等の生計困難者
概要 生活困難者が経済的な理由で必要な医療を受ける機械を制限されないようにする

 厚生労働省の「無料低額診療事業等に係る実施状況の報告」によると、平成28年度実績で・・

7,738,637人が利用 (664施設)

 となっています。

 医療費の支払いが厳しい生活状況であっても、「無料低額診療」の利用ができるため、まずは診療を受けることを優先にすべきです。

利用の手続き方法

出典:埼玉県 越谷市役所

 無料低額診療を利用するには、各都道府県のホームページ(厚生協会など)、全日本民医連を確認します。各自治体によって手続きのルールが多少異なる可能性がありますが、一般的には・・

POINT

 病院の医療相談室(または診療サービス課)にて相談

 することによって利用可能であるか確認できます。対象となる医療費は・・

POINT

  • 自己負担額の範囲の全て
  • または医療費の一部

 となります。院外処方箋にて支払いが必要になる「お薬」に関しては、対象になりません。

 対象者の基準を審査するために、生活保護法の「最低生活費」を基本に、「源泉徴収票」または「課税証明書」の提出が必要になることがあります。

お金がないストレスが病気に影響する

 現代の生活習慣病の要因を見ていくと、食生活や運動不足などの影響だけでなく、ストレスが非常に関係していることが分かってきています。そのため・・

お金がないストレス(プレッシャー)が病気を更に悪化させている

 という可能性があります。お金の不安は、無意識のうちに血流の流れを低下させるので、新陳代謝が滞ってしまい疲労物質を体外に排出してリフレッシュ出来なくなってきます。

 この状態が続くと、体調不良の要因が複数に増えていき、治療の予測が難しくなっていきます。

困難な疾患を扱っている医療機関を調べる

 近隣にベッド数の多い大型の総合病院であっても、診療できる科が限定していることもあります。そのため専門医を探す必要に迫られることもあります。

 厚生労働省の医療機関の探し方、選び方のページを参照すると、症状別の最適な専門医を探すことができます。

 メディカル関連の専門サイトをチェックする方法や、テレビ番組でも取り上げられるような話題になった専門医のいる病院は、「病気の症状+専門医」と検索すると有名な医療機関を確認できます。

専門医を調べる時には「症状」や「学会」などを検索する

 専門医のいる病院が非常に遠いなら、とりあえず地域で最も設備の整っている大学病院などを受診し、状況が困難であれば専門医のいる病院を紹介してもらうようにします。その際に、自分で調べた情報をもとに相談してい見ることが大事です。

がんになってしまった場合

 将来の病気で不安になるのが「がん」です。がんは、不治の病とされてきましたが、最近では定期検診を毎年受診しているなら早期発見が可能となるので、少ない費用で完治が期待できます。

 発見が遅れた場合には、一時的に沈静化しても再発や転移を繰り返す可能性があるため、長期に抗がん剤治療などが必要となります。

一般的ながん治療においては、100万円ほどかかる

 100万円という数字は平均的な金額であり、がんには様々な種類があるため、治療費がどのくらいになるのかその都度変わってきます。

 治療が終わって落ちついた段階でも、再発を抑えるためにホルモン治療などが必要となるため、長期的な通院・医療費がかかることになります。この場合は「高額医療費制度」の申請を行って、治療にかかるコストを抑えます。

民間療法や代替療法にお金を費やしてしまう問題

 特にがんの治療については、様々なスタイルの治療法を患者が選択していく事になります。時には医師が勧める・・

POINT

  • 抗がん剤治療
  • 放射線治療

 これらの治療方法ではなく、民間療法を選び自然治癒力に期待する場合もあるはずです。

 ここで問題になるのは、高額な費用がかかってしまう場合です。効能が実証されていない希少性のある食品などを、「高い効果が期待できる」として高額で販売する企業があることです。

科学的に効果が証明されている療法であるか

 完治する見込みが確実ではない疾患を煩うと、藁にもすがる気持ちになってしまうことがあります。

民間療法では科学的に根拠のない食品を高額で購入しがち

 民間療法とは伝統的な知恵を受け継いだ療法であり、代替医療とは、科学的に根拠のない医療を指します(他に補完療法がありますが、代替医療と同様な意味となります)。

POINT

  • 深海鮫肝油(スクワラン)が末期ガンを完治させる
  • メシマコブがガンの増殖を抑える
  • 瞑想や心理的精神療法で自然治癒力を高める
  • 鍼灸療法、温熱療法、温泉療法、指圧など

 栄養価のある食品の摂取や、温熱効果を期待する(新陳代謝アップ)対策については、少なからず良い方向へ向かいそうな気がしますが、中には・・

POINT

  • 純金の棒を身体にこすり、気を取り払う療法
  • 生命力が高まるエネルギー水を摂取する

 このような「詐欺まがい」の施術をするグループがあったりするので、病気の治療と効能について知るために補完代替医療について詳しく知ることも重要です。

 富裕層でお金がある方は「あやしい施術」にも高額の費用を払ってしまいがちです。このような時期こそ、高額な治療費の出費が続くので、ダマされて無駄な出費をしないような知識が必要です。

お金がかかる病気とは

 医療技術は常に進化しており、それにつられて医療費も高額になっている傾向があります。そのため、疾患によっては非常に高額な医療費が必要となります。三井生命が提示しているお金のかかる病気ランキングは、このようになります。

1位 白血病
2位 心臓の先天奇形
3位 悪性リンパ腫
4位 高血圧・狭心症など循環器系の疾患
5位 頸椎・腰椎など脊柱に関連する障害
6位 くも膜下出血

引用:三井生命 お金のかかる病気ランキング

 血液のがんと言われる「白血病・悪性リンパ腫」が上位にきており、高血圧の疾患も長期にわたりリハビリなどをする必要があるため高額な費用がかかります。

 一時的に症状が緩和して退院できても 後遺症で生活に支障が出たり、その後も長期的に医療費が必要になる可能性があります。

まとめ:医療費が払えない お金がかかるときには

 お金がない状況で病気になったときには、お金の心配をして病院の診療を我慢するのではなく、まずは早期受診をして病気を改善させる対策から始めるべきです。

 そして、医療機関の医療相談室、または市役所へ足を運び、「生活保護法の医療扶助」、「無料低額診療」などが適用できるか相談してみる事で最良の対策が見つかるはずです。

 最も問題となるのは、医療費が支払えないプレッシャーから「受診を我慢」してしまうことです。取り返しがつかない状態になる可能性があるため、早期受診を心がけるべきです。

Posted by mon