完済済みとは?完納と救済の意味 類語 証明書 返済との違い

 消費者金融やカードローンなどから借入をしている場合、毎月のように返済をする必要があります。この金額を毎月の生活費から確保していく事は困難なことですが、お金を借りる時に取り決めたルールとなるので、必ず返すべきお金を確保していく必要があります。

 決められた返済を継続していると、いつか全ての元金と利息の金額を返済できるので、完済をすることができます。この「完済という言葉」は、似たような意味となる言葉がいくつかあります。その違いなどを見ていきます。

完済とは

 借金を「完済する」ということは、これまで借り入れたお金を全て返すことです。借り入れる時には借り入れた日数に応じた利息を支払う約束をしますが、その利息を含めた借入金額を全て返済し終えることが完済となります。完済とは・・

POINT

借入した金額(元金)と手数料や利息の全てを払い終えること

 となります。完済とは違い「借金返済」という言い方をするときには、まだ最終的な借入金額の全額を返済したわけではなく、完済までの途中の段階であることを意味します。

借金の返済とは、借り入れた金額を現在返している途中の段階である

 このようになります。全般的な意味からすると、「借金の完済」とは、「借金の返済」の意味を含んでいる事になります。借り入れたお金を返す最後の返済の月には「完済」したと言います。

全てのお金を返し終わった状態

 完済とは、借り入れた全額を返し終えている段階であるため「返済のルール」に従う必要はなくなったことを意味します。

完済すると、借金の取り立てが無くなり平穏な生活になる

 そのため、自動車ローンや住宅ローンなどを計画するときは、早急に完済をすることを念頭にローンのプランを考えていきます。毎月の返済額を少なめにすると「生活に余裕」が出ますが、完済するまでの期間が延びてしまいます。

完済を早めるためのシミュレーション

 マイホームなどの住居を建設する時や、土地を借りたりするときにも長期的なローンを想定する事になりますが、その時に重要になってくるのが生活力と返済能力、そして貯蓄のバランスです。

POINT

毎月のように捻出する生活費を確保しながら、資金の余裕がどれだけあるか試算する

 誰しも高額な買い物をするときには金融公庫などから借入を検討するので、極限まで生活を切り詰めて完済を早めることは得策ではない可能性があります。ゆとりのあるライフスタイルを維持しながら、早めに完済できる時期を考慮します。

途中完済とは

 借りているお金を全て返し終えた状態が「完済」ですが、金融関連の企業では「途中完済」という用語が存在します。

途中完済とは、1度全額を返済した後に再度借入が行われる事

 「一時的に完済している期間」がどれくらいなのか?によって、「同じ借り入れ」手続きとみなすのか、「新たな借り入れ」とみなすのか違ってきます。

 利息制限法のルールで利息の金額を計算をするときには、過去の借入から「同じ」か「継続」かによって利息の計算方式が変わってきます。この部分は、「過払い金請求の訴訟」で、お互いの主張が異なってくるポイントとなります。

1度完済すると次は別契約なのか

 年収が少ない貧乏な生活スタイルである場合、1度完済している借り入れ先へ再度借入を依頼することがあるはずです。この時、どれくらいの期間が空いているかが問題です。完済後に借り入れたのか、ずっと借入が続いているかの判断はこのようになります。

POINT

  • 以前の借入期間が長く、中断された期間が短い場合(1年程度が目安となる)
  • お金の借入に契約書があり完済時に業者に変換されている場合
  • 完済後にも貸付業者からの連絡(電話勧誘)などがある
  • 以前に完済した借入と新規の借入で利息の金額が変わる場合

 契約書にサインして手渡しで現金を受け取った場合には・・

完済をしたときに契約書が借りた側に返される

 ため、取引が全て終了した証明となります。

 はっきりと違いが分かるのは、契約条件の利息(または借入の限度額)などが変わっている場合です。以前に完済した契約と内容が違うので、途中完済ではなく契約内容が異なる借入と判断されます。

借り入れた時のカードを返却する

 完済である事を証明する最も分かりやすい方法が、借入時に使用したローンカードを返却するという方法です。返却することによって今後借りる意志がない(借入の完済が完了した)という意味になります。

消費者金融などのローンカードを返却すると完済となる

 一般的な完済とは全てのお金を払い終える事ですが、その後もお金を借りる可能性があるなら「分断:契約の区切り」のためにATMで利用できるカードを返却してしまいます。これで、前回の借入とのつながりがなくなり「一連の借入」と判断されにくくなります。

借入の解約とは

 銀行や消費者金融などを利用するときに「借入の解約」という言葉を目にすることがあるはずです。

借入の解約は借入契約を解約する意味であり、完済が前提条件となる

 借り入れたお金を全額返済すること(完済)によって、借入の契約が解除されるという意味になります。つまり、借入の解約と完済は連動している言葉となります。ただし、次の借入を想定しているときには問題があります。

解約で再度借入ができなくなる

 完済をする事によって借入の解約が可能ですが、解約は今後の取引がなくなることを意味します。つまり、解約をした後にお金がない状況になってしまっても、借入の依頼ができません。

POINT

解約後は全ての取引を解除する(今後はお金を借りることができない)

 解約をする事はカードローンの借入枠をなくしてしまう事になるので、新たにクレジットカードを契約するときには、借入枠がリセットされている(他のクレジット会社から借り入れる予定をキャンセルした)とみなされるため、審査が通りやすくなるメリットがあります。

まとめ:完済済みとは?完納と救済の意味 類語 証明書

 不動産の購入目的のローンや自動車ローン、または生活の資金としてお金を借りること(フリーローンの利用)があるはずです。その時に契約のルールをしっかりと確認し、完済までのお金の流れをシミュレーションする事が大事です。

 完済までの期間をあまりにも短くしすぎると、家賃や公共料金の支払いが困難になり、更に借り入れ額を増やしてしまう要因になりかねません。家計簿をつけるなど、お金の出入りの予定を見ながら「ゆとりをもった完済」を目指します。

Posted by mon